車を買うなら新車と未使用車どっちにする?それぞれのメリットとデメリット

車は家の次ぐらいに大きな買い物です。値段が高いから、という理由だけではなく、通勤・買い物・レジャーに使用したり、将来の家族構成にまで影響する決断だからです。

どの会社の車にするのか、どのタイプにするか、どの車種にするか、よく考えていって大体決まった場合、多くの人が次の考えることは、いかに安く買おうかということです。

安く買う手段としてよくあげられるのが未使用車ですが、新車とどう違うのでしょうか。両方のメリット・デメリットについてみて見ましょう。

新車

メリットとして、正真正銘の新品の車ですから、走行距離はほぼゼロです。また、ディーラーとの契約が成立してから登録されますので、車検までの残り期間もあなたの手元に渡ってからスタートします。

また、たいていのディーラーは車種にもよりますがかなりの値引きやサービスをしてくれます。一方、デメリットとしては、人気車種の場合、納期が何ヵ月か後になることもめずらしくありません。

「そのため今使っている車が壊れたので、すぐに代わりの車がほしい」という方にはおすすめできません。また、人気の車種ですと、ディーラーが値引きをいやがりほぼ表示価格そのままで購入することになる場合もあります。

未使用車

未使用車とは、ディーラーが販売台数を稼ぐために自分の会社で登録してナンバーをすでにつけている車のことです。メリットとしては、やはりほぼ新品に近い状態の車でも販売上は中古車という名目ですので、価格は安いです。

また、すでに登録されている車ですので、すぐに納車してもらうことができます。デメリットとしては、状態がほぼ新品に近くても、登録したのがいつかを必ず調べておかないと、車検の費用がすぐにかかるかも知れません。

また、そのメーカーの保証書がきちんとあるかを確認するべきです。中には一度返品されたような車を未使用車と偽るディーラーもいるので、用心するべきです。しかし、登録時期と保証書に気をつけさえすれば、車の状態的にはほぼ新車ですので、お得な買い物だと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?車は長く、そして毎日のように付き合っていくものです。どうぞいろいろな選択肢を考慮に入れて、焦ることなくじっくりとあなたの将来の愛車を選んでくださいね。

車は何年乗る?車の寿命年数